クロネコヤマト単身パック時間指定

一人暮らしの引越しといえば「単身パック」です。
荷物量などの条件がクリアできれば、格安に引越しをすることができます。


なかでもクロネコヤマトの単身パックは有名です。
大手の引越し業者でしかも安いのであれば、利用を検討している人もいるかと思います。


そんなクロネコヤマトの単身パックですが、宅配便みたいに時間を指定する事ができるのでしょうか?


クロネコヤマトの単身パックは、引越しと宅急便の中間のようなサービスです。
そのため、集荷・配達ともに時間帯を指定することが可能です。


ただし、地域によって時間帯指定ができなかったり、時間帯ではなく時間指定は有料になったりするので注意が必要です。


それでは、クロネコヤマトの単身パックにおける時間指定について、詳しく調査してみました。

クロネコヤマトの単身パックは無料で時間帯指定ができる

クロネコヤマト単身パック時間指定

クロネコヤマトの単身パックは、専用のボックスに荷物を入れて運ぶ引越しサービスです。
トラックを占有せず、宅配便みたいに他の人の荷物と一緒に運ぶので格安に引越しができます。


安く引越しができるのがメリットの1つなのですが、それだけではありません。
クロネコヤマトの単身パックは、宅配便感覚の引越しプランなので、宅配便の配達のように時間帯指定できるのもポイントです。


クロネコヤマトの単身パックは、以下の4つから配達時間を選ぶことができます。

  • 午前中
  • 12~15時
  • 15~18時
  • 18~21時

このように、新居に荷物が届く時間帯を指定できれば、1日中荷物を待って家にいる事もなく、その日のスケジュールも立てやすく便利です。


例えば、午前中に指定すれば、午後から自由に時間が使えるので、役所の手続きや買い物にも安心して出かけられます。
自分の都合に合わせて、無料で時間帯を指定できるのでとても嬉しいですね

クロネコヤマトの単身パックは集荷時間も指定可能みたいです

大きく宣伝されていませんが、クロネコヤマトの単身パックは集荷時間も指定できるようです。
配達時間と同様に4つの時間帯で指定が可能です。


  • 午前中
  • 12~15時
  • 15~18時
  • 18~21時

このように、単身パックは集荷の配達の時間帯が指定できるので、無駄な時間を使わずに済みます。
なので、引越しのスケジュールがとても立てやすいのもメリットの1つと言えますね

ただ、クロネコヤマトの単身パックは1日で引越しは完了しません。
集荷した日に荷物は届かず、最短で翌日の配達となります。
地域によっては、翌々日以降になることもあるので、注意してくださいね

時間帯を指定できる地域が限定されている

クロネコヤマトの単身パックは集荷も配達も無料で時間帯が指定できると説明しましたが、
実は地域によって時間帯が指定できなところもあります。


関東圏や都市部であれば、時間帯を指定できるところは多いのですが、地方の場合は中には時間帯を指定できないところもあります。
なので、見積もりの時に確認が必要です。


時間帯が指定できないと、色々と不便ですね。
いつ届くか分からないと1日家で待機する事にもなりかねません。
単身パックの場合は、1日で引越しが終わらないので、下手をすると2日間も時間をつぶすことになります。


時間帯を指定できれば、非常に便利なサービスなのですが、指定できないと一気に不便になります。
なので、単身パックを選ぶ際には、このことも踏まえて検討する必要がありますね


もし、引越しにあまり時間をかけることができないのであれば、トラックをチャーターするプランの方が、
いい場合もありますね

有料でワンランクアップした時間指定が可能!

「時は金なり」という諺もあるように、時間はとても貴重です。


クロネコヤマトの単身パックは、無料で時間帯が指定できますが、3時間単位で区切られています。
ある程度、時間帯は決められますが、1時間単位では指定できません。


なので、3時間ぐらいは家で待つ必要があります。
本当に忙しい場合には、2時間も3時間も待つことができない人もいるかもしれませんね



荷物が届く日は、とても忙しくそんなに待てないという方の為にクロネコヤマトでは、約束時間に荷物をお届けするサービスがあります。

事前に約束した時間(前後30分の猶予時間あり)に荷物を届けてくれます。
なので、最大でも1時間だけ、家で待っていれば大丈夫です。


ただ、残念ながら無料ではありません。
時間指定をワンラックアップするには、お金が掛かるのです。


時間をお金で買うという事になります。
料金は1BOXあたり3,000円(税別)です。



まあ、時間帯で待っていて、すぐに荷物が届くかもしれないし、3時間近く待ってやっと届けてくれるかもしれません。
こればかりは、ただの運です。



それを、確実に3時間から1時間の待ちに減らすことができます。
これで3,000円を高いと考えるか安いと考えるかは、あなた次第です。


なお、「約束時間お届け時間指定サービス」が提供されていない地域もあるので、
見積もり時に確認が必要です。


繁忙期は時間帯指定が制限されます。

クロネコヤマトの単身パックは無料で3時間単位の時間帯指定ができます。
有料ではありますが、1時間単位での指定する事が可能です。


ただし、繁忙期である「3/20~4/10」の間は、とても忙しくなるため、
有料の「約束時間お届け時間指定サービス」は、提供されません。


さらに、無料の時間帯指定も4つから「午前」「午後」「フリー」の3つになります。
「フリー」は時間帯指定ではないので、実質「午前」か「午後」になります。


普通の引越しであれば、フリー便は安くなりますが、単身パックの場合は関係ないです。
しかも、この繁忙期の期間(3/20~4/10)は、単身パックの料金が1BOXにつき5,000円も割増になります。

なので、このような事も理解したうえで、どのプランにするか検討しましょう!

単身パックの時間帯指定を変更する場合は?

時間帯の指定をした後に、当日の予定が変わることはよくある事です。
そのような場合、指定した時間帯を変更することは可能なのでしょうか?


結論からいうと、時間帯を変更する事は可能です。
もちろん費用はかからないし、キャンセル料も発生しません。

時間帯を変えたい旨をクロネコヤマトのコールセンターに電話すればOKです。
込み合っている場合には、自分の希望通りの時間帯にならない可能性もあります。


そんな時は、配達日を変更するのも1つの手です。
前倒しにはできないようですが、後ろにはずらせるようです。
これも、混み具合によるのですが…

単身パックの時間帯指定についてのまとめ

クロネコヤマト単身パック時間指定

クロネコヤマトの単身パックは集荷と配達する時間帯を無料で指定することができます。
時間帯は「午前中」「12~15時」「15~18時」「18~21時」の4つあり、無料で利用できます。


さらに細かく指定した時は、有料ですが可能です。


ただし、地域によっては時間帯を指定できない場合もあります。
その場合、スケジュールが非常に立てにくく、下手をすると2日間も時間を無駄にする可能性があるので、
自分の都合に合わせてもらえる普通の引越しプランも検討した方がいいです。



確かに、クロネコヤマトの単身パックは、安く引越しができますが、それ故に不便なところもあります。
条件によっては、単身パックの方が普通の引越しプランよりも高くなってしまう可能性もあります。


したがって、引越し業者やプランを決めるときは、複数業者から見積もりをもらう事が大切です。
そうすれば、各社の料金やサービス内容を比較できるので、条件のいい業者はすぐに分かります。


複数業者から見積もりをもらう場合に便利なのが、引越し一括見積もりサービスです。
簡単に複数業者から見積もりをもらう事ができるので、簡単に比較する事ができます。


無料で利用できるので、引越し業者を選ぶ時にはおススメしたいサービスです。


▼一括見積もりサイトはココ▼