クロネコヤマトの単身パックは、専用ボックスに荷物を入れて引越しをするサービスです。
引越しで厄介な荷物の1つに冷蔵庫があります。


この単身パックで冷蔵庫を運ぶことができるのでしょうか?
調査してみました。


単身パックで冷蔵庫は運べる

クロネコヤマトの単身パックで冷蔵庫は運べるのか?

結論からいうと、運べます。
ただ、専用ボックスのサイズより大きな冷蔵庫は運ぶことができません。


クロネコヤマトの専用ボックスのサイズは、

フルサイズ:横1.04m×奥行1.04m×高さ1.70m
miniタイプ:横1.04m×奥行1.04m×高さ1.30m



冷蔵庫の場合は高さがポイントになります。
一人暮らし用の冷蔵庫であれば、クロネコヤマトの単身パックでも運ぶことができるでしょう


一人暮らし用の冷蔵庫で170cmを超えるものはないと思います。
高さが130cm以下の冷蔵庫であれば、miniタイプでも運べます。



クロネコヤマトの単身パックを利用する人で、高さが170cmを超えるような冷蔵庫を持っている人はいないと思いますが、そんな場合は、らくらく家財宅急便を利用すれば大丈夫です。


大型の冷蔵庫の値段(目安)は、東京都内であれば、16,254円(税込)です。
東京から大阪だと、19,170円(税込)となります。


冷蔵庫の引越しは面倒

冷蔵庫の引越しは単純に運べばいいという訳ではありません。
なので、冷蔵庫の引越し方法を調べてみました。


冷蔵庫は霜取りと水抜きが必要

引越しで冷蔵庫を運ぶときには、霜取りと水抜きという手順が必要です。
霜取りは冷凍庫内にできた霜を溶かすことで、水抜きは蒸発皿という部分に溜まった溶けた露を捨てる事を言います。


最近の冷蔵庫は性能がいいので、自動で霜取り行ってくれるので霜がつくことはありません。
ただ、念のために霜取りと水抜きを行っておきましょう

霜取りと水抜きをしないと、水が運搬中にこぼれて、床や荷物を水浸しにしてしまう可能性があります。

霜取りと水抜きの方法

霜取りの方法と簡単で、冷蔵庫の電源を抜くだけです。
そうすると、冷蔵庫の内部の温度が上がって霜が溶けて、水が蒸発皿に溜まります。


冷凍庫内の霜が溶けるまで、夏なら10時間、冬なら15時間ほどかかるみたいです。
冷蔵庫を掃除する時間を考えると、引越しの2日前には電源を抜いた方がいいでしょう


水抜きの方法は、蒸発皿に溜まった水を捨てるだけです。
蒸発皿の位置は、冷蔵庫の機種によって背面にあたり、下部にあったりさまざまです。
取扱い説明書で確認できます。


まとめ

クロネコヤマトの単身パックで冷蔵庫を運ぶことはできます。
ただし、高さが170cm以下の冷蔵庫です。


おそらく一人暮らしで使う冷蔵庫は、そんなに背が高くないので大丈夫でしょう
もし、170cm以上の場合には、冷蔵庫だけらくらく家財宅急便で運んでもらうといいでしょう


また、最新の冷蔵庫なら不要かもしれませんが、冷蔵庫を運ぶ際にはきちんと霜取りと水抜きをしましょう
これを怠ると、冷蔵庫を運んでいる時に、水がこぼれて荷物を水浸しにする可能性があるので注意です。