クロネコヤマトの単身パックは、荷物の少ない一人暮らしの引越しに最適なサービスです。

あまり荷物を運ぶことができないので、初めて親元から離れて一人暮らしをする方におススメです。
また、単身赴任をする方にもうれしいサービスだと思います。


もし、大学入学の為にひとり暮らしを始める方や単身赴任の方であれば、
クロネコヤマトの単身パックと家電レンタルでお手軽でお得な引越しができます。

クロネコおまかせレンタルとは

クロネコおまかせレンタルは、単身生活に必要な商品を必要な期間だけレンタルしてくれます。

新生活をスタートするのに必要な家具や家電を揃えるのは楽しい一面、とても面倒でもあります。
手軽に揃えたいのであれば、便利なレンタルがおススメです。


「買い揃える手間」「使用後に破棄する無駄」を解消し、環境にもやさしくリーズナブルな料金です。


安価なレンタル料金

家電を買った場合とレンタルした場合の料金を比較してみましょう


1人用の冷蔵庫(容量137リットル)、洗濯機(容量4.2kg)を購入した場合

冷蔵庫:36,000円
洗濯機:27,000円
合計:63,000円



中古冷蔵庫、洗濯機を2年レンタルした場合

冷蔵庫:20,500円
洗濯機:16,500円
レンタル料金合計:37,000円
+送料4,600円



大学の場合は4年間なので、64,000円+送料9,200円となります。
2年間より延長する場合は、新規契約となるから2倍になります。
そのまま、使うのであれば、2回目の送料は不要かもしれません。


最短で3日で届けてくれます

成約から最短3日間でレンタル品を届けてくれます。
当日の15:00までに成約すると、その日が1日目になりますが、15:00以降の成約だと翌日が1日目になります。
クレジットカード支払いの場合は決済日が成約日となります。


ただ、3月や4月の繁忙期はもっと日数がかかるようです。


配送料は全国同じです。

全国同一の配送料なので、どこで利用しても同じ支払いになります。
ただ、沖縄県および一部島しょ部では取扱っていません。


配送料金は以下の通りです。

・冷蔵庫:2,300円(税込)
・洗濯機:2,300円(税込)
・液晶テレビ:1,200円(税込)
・電子レンジ:1,200円(税込)
・チェスト:2,300円(税込)
・カップボード:2,300円(税込)


家電4品目(冷蔵庫、洗濯機、TV、電子レンジ)が揃えば送料が無料となります。

設置込み

商品は、スタッフの方が設置まで行ってくれるので、届いてすぐに利用できます。
また、設置は無料で行ってくれます。
注意点としては、設置のために部材が必要な場合には、別途部材代金をその場で払う必要があります。


故障時無償交換

レンタル中の自然故障時は無償で代替品と交換します。
自分の過失で故障してしまった場合は、代替品を届けてもらえますが、配送料と修理代金を請求されます。


レンタルの延長および途中解約もできます。

レンタルの契約は1年間と2年間がありますが、1年契約をしてその後1年間の延長をしても支払うレンタル料金は同じです。


また、途中解約も違約金はありませんので、2年契約をしていて、途中で解約しても差額分を返却してもらえます。ただ、1,000円未満は返却されないようです。


なので、レンタル期間が不明な場合でも、臨機応変に対応することができるので便利です。


もし、3年目以降もレンタルする場合には、新規契約扱いとなるそうです。


廃棄処分不要

一部の家電は、簡単に捨てることができません。
リサイクル料金と運送料金を取られてしまいます。
レンタルの場合には、返却送料だけで済むので、大変お得です。


例えば、冷蔵庫(容量137リットル)を購入した場合を考えてみましょう


家電リサイクル券料金:3,600円
取集運送料金:3,000円
合計:6,600円


レンタルした場合ですと、

家電リサイクル券料金:0円
取集運送料金:0円
レンタル返却送料:2,300円
合計:2,300円



もし、返却時にクロネコヤマトで引越しをする場合は、返却送料が0円になります。

新品レンタルもあります。

中古家電には抵抗がある方のために、新品かつ高品質の商品もレンタルしてくれます。
自然故障時の交換品も新品となるようです。

レンタル料金は、新品の方が高くなります。

単身パックと家電レンタルを組み合わせるとお得

大学入学や単身赴任であれば、いずれは家に帰る時がくるでしょう!
なので、引越し先で家具をわざわざ買い揃える必要はありません。


家電をレンタルすると、大変お得です。
なぜなら、家に戻る時の引越し料金も安くなるからです。


では、単身パック×家電レンタルのおススメのポイントをみていきましょう

単身パック×家電レンタルのおススメのポイント

ポイント1

家具家電は必要な期間だけレンタルするからムダがない。
廃棄費用も削減できてお得!

ポイント2

持っていく家財が減らせるから引越し費用が節約でき経済的


ポイント3

買い物や荷造りなど引越しの準備に手間ひまがないので時間を短縮できる


ポイント4

レンタル品は引越し荷物と同時に搬入セットアップあので、当日から使用できて便利


ポイント5

レンタル品の返却と家に帰る引越しを同時に行えば、返却する送料は不要になります。
また、引越しも荷物が増えていないので、単身パックを利用でき、安く引越しができます。



東京から大阪への引越しの場合、
単身パック1台に入れば、28,000円ですが、荷物が増えて普通の引越しであれば50,000円~80,000円ぐらになります。


家電レンタルのデメリット

家電レンタルのデメリットを考えてみました。

レンタル期間が長くなる

レンタル期間が2年間だと、家電を買うより安くなるケースが多いですが、
それ以上になると、レンタル料金の累計が家電の値段より高くなります。

ただ、次の引越しでも荷物が少なく引越しができたり、処分費用がないので、
どちらが得なのか計算しないと何ともいえません。


故障した時の修理費が怖い

レンタル品の自然故障なら、無料で交換してくれますが、何かの不注意で壊してしまった場合には、
修理費を取られます。その修理費がいくらになるのかが怖いです。


まとめ

新入学生や単身赴任の方は、最初は荷物が少ないので専用ボックス1台分で引越しができるので、
とても安く引越しができます。


ただ、数年生活をして、学生生活が終わって家に戻る時や、新社会人となって新たに引越しをする時、
あるいは、単身赴任が終わって家にもどる時に、家電や家具が増えて、専用ボックス1台で荷物が入りきらなくなり、
引越し費用が高くなる事が多いと思います。


クロネコの家電レンタルを同時に申し込むことにより、数年後に家に帰る時なども、
荷物が少ないので安く引越しをする事が可能になります。


家電を処分するにしても、今はお金が掛かるのですが、レンタルにしておけば、その費用もなく、配送費も引越しと同時であれば、不用です。



なので、ある期間限定で引越しをする時には、帰りの引越しも考えて、
クロネコの家電レンタルを同時に申込むといいかもしれません。