ダンボールは引越しにとって、なくてはならないアイテムですが、
クロネコヤマトの単身パックには梱包資材はついてきません。

単身パックを利用する人は、荷物が少ないですが、それでもダンボールは必要になってきます。

では、どうやってダンボールを用意すればいいのでしょうか?

クロネコヤマトの梱包資材セットを購入する方法

お金がかかりますが一番簡単な方法が、
クロネコヤマトのオプションである単身資材パックを頼むことです。

料金は3,200円(税別)となります。
内容はダンボールだけでなく、以下のものが入っています。


1.引越ダンボールケース大:600×350×310mm
2.引越ダンボールケース小:430×350×310mm
3.ハンガーBOX:450×490×1020mm
4.プレートパック:430×350×310mm
5.グラスパック:430×350×310mm
6.ふとん袋(紙製):2枚組用
7.巻ダンボール:1.2×50m
8.エアーキャップ:1.2×42m
9.ビニールひも:6mm×300m
10.色テープ:50mm×25m
11.紙テープ:50mm×25m

単身資材パックにはダンボール以外にもプレートパックやグラスパック、エアーキャップが入っているので、より安全に簡単に荷物を梱包することができます。

自分で梱包資材を調達するのが面倒な人は、単身資材パックを注文してもいいかもしれませんね
ただ、単身パックにこんな豪華な資材が必要かなとも思いますが、
とても売れていて、販売停止中です。(2017年11月現在)

本当に意外です。


ダンボールをネットで購入する

単身パックで引越しをするなら、ダンボールは10枚は必要ないでしょう

そのダンボールはネットで購入することもできます。

ネットで購入すれば、ダンボールも家まで持ってきてくれるので、
引越し準備で忙しいときには、とても重宝しますね

通販で有名なamazonでも購入することができます。
いろいろな大きさや種類があるので、自分に必要なダンボールを購入できますよ

ネットでダンボールを購入する際の注意点のひとつは強度です。

どうしても、ネットではダンボールの強度などわかりませんが、
amazonであれば、レビューなどをみると参考になるでしょう!

ただ、届いたダンボールが薄かったり強度がない場合には、
ガムテープをダンボールの底にしっかりと貼って強度を高める処置をするといいです。

また、必要に応じて、ガムテープやエアーキャップなども別途購入する必要があります。


無料でダンボールを手にいれる

今までは、有料でダンボールを手にいれる方法でしたが、
最後は、無料で手に入れる方法です。

昔からの方法ですが、スーパーやコンビニなどでダンボールをもらうことができます。
ただ、スーパーのダンボールはサイズが小さめで、強度が弱い場合が多いです。

特にお菓子類のダンボールは、強度が弱いので引越しで使わない方がいいでしょう

そこでおススメなのが、ドラックストアのダンボールです。
ドラッグストアのダンボールで、洗剤など比較的重いものを詰めていたダンボールがねらい目です。

サイズも大きいので引越しのダンボールとしては最適です。

いずれにせよ、お店でダンボールをもらう時は、
必ず店員さんに了承を得てからにするのがマナーです。

お店側も、どうせ破棄するものなので、快くダンボールをくれると思います。


まとめ

クロネコヤマトの単身パックは、引越し料金が安いので、
ダンボールを無料でくれたりはしません。

自分で用意する必要があります。

無料でダンボールを用意するのであれば、
近所のスーパーやコンビニ、ドラッグストアでもらう事ができます。

自分で用意するのが難しい方は、ネットでダンボールを購入するか、
クロネコヤマトの単身資材パックを購入すればいいと思います。

言うまでもなく、ダンボールを無料で集めた方が、引越し費用は節約できます。



単身パックで上手く引越しをするコツをまとめました。
参考に「単身パックで上手く引越しをする3つのコツとは」をどうぞ