単身引越しは、荷物が少ないことが多いですが、大きな家具があるとすればベッドになります。
クロネコヤマトの単身パックの場合、ベッドを運ぶことができるのでしょうか?

結論から言うと、ベッドのサイズや種類にもよりますが、単身パックでベッドを運ぶことはできません。
ではどうすればいいのでしょうか?


ベッドがある場合の解決方法は

フランスベッドなどの大きなベッドは単身パックで運ぶことはできませんが、
簡易ベッドで分解できるものであれば、運ぶことができるかもしれません。

ただ、専用BOXにベッドが入ったとしても、他の荷物が入らなくなり、
専用BOXの台数が増えることになるでしょう

そうなると、引越し料金が高くなってしまいます。

専用BOXに入らないベッドはどうすればいいのでしょうか?
それは、らくらく家財宅急便を利用すると解決します。


らくらく家財宅急便でベッドを運ぶと料金は?

らくらく家財宅急便は料金の目安がすぐに分かります。
料金は、荷物の大きさ(高さ+幅+奥行の3辺合計)で9つにランク分けされ、料金も決まります。

シングルベッドはEランクになります。

料金の目安は、
東京から東京の料金は、16,254円(税込)
東京から大阪の料金は、19,170円(税込)

らくらく家財宅急便でベッドを運ぶ時に気を付けること

ベッドの引越しで注意するべき点は、運ぶ際にベッドの分解や組立が必要かどうかです。



ベッドを買った時に、自宅で組立をしてくれていることがあるので、
これを忘れている可能性がありますね


また、ベッドは大きいので分解をしないと、運べないというケースもあるでしょう



クロネコヤマトでベッドの分解や組み立てを行ってくれますが、追加で料金が発生します。

ベッドの分解に3,000円(税別)、組み立てにも3,000円(税別)かかります。



もちろん、分解も組み立ても自分で行えば、料金は発生しません。
ただ、ベッドは体全体を支えるものなので、組み立てはきちんとやらないと怖いですね
もし、ネジなど緩んでいて怪我でもすると大変です。


毎日使うものなので、組み立てに自信がなかったり、面倒だと思うなら、
オプションを頼んだ方がいいでしょう

まとめ

クロネコヤマトの単身パックでは、ベッドは運べません。
分解すれば専用BOXに入るかもしれませんが、専用BOXが増えると料金が高くなります。

例えば、東京から大阪で専用BOXが1台の場合は、30,240円です
これが2台になると、30,240円-2,160円(複数BOX割引)で58,320円となります。

また、ベッドだけをらくらく家財宅急便で運ぶこともできます。

東京から大阪までベッドを運ぶと19,170円(税込)です。


単身パック+らくらく家財宅急便の場合は、
30,240円(単身パック料金)+19,170円(らくらく家財宅急便料金)で49,410円となります。



単身パックで東京から大阪へ引越しする時は、単身パック+らくらく家財宅急便の方が安いですね