一人暮らしや単身赴任を予定されいる方は、自分の引越し費用がどれぐらいなのか?
気になるところです。


それまでに、引越し先の部屋の契約とかで既にかなりの出費をしていると思います。
なので、いくらかでも引越し費用を安く抑えたいと考えるのは当然だと思いますが、
引越し費用は思ったほどにかかるものです。



そこで、おすすめなのが単身引越しの中でも特に値段が安い、「単身パック」です。
クロネコヤマトや日通などの引越し業者が提供しているサービスです。



単身パックは専用ボックスを利用した宅配便感覚の引越しサービスです。
一人暮らしの引越しがとても格安で引越しができると評判です。

なぜ引越し料金が安いのかというと、トラックを占有して引越しをしないからです。
他の人の荷物と一緒に運ぶので、トラックも人件費も折半できる訳ですね



だけど、全ての単身引越しが安くなるのかというとそうではありません。
単身パックにも得意分野と苦手な分野があります。
そこを理解して、単身パックを利用しないと損をすることになります。



では、どうすれば単身パックで上手く引越しできるのか?
その3つのコツをご紹介したいと思います。



▼一括見積もりサイトはココ▼

単身パックとは

まず、その前に単身パックとはどなサービスでしょうか?
単身パックは、高さ170cm×横幅110cm×奥行100cm」程度の滑車付きのコンテナボックスに荷物を
積み込み輸送する引越しサービスです。


サービスの名前は日通では「単身パック」でクロネコヤマトでは、「単身引越しサービス」など、
業者にいろいろですが、一般的には「単身パック」で認知されています。


日通が業界で初めてコンテナボックスを利用した単身向けの少量引越サービスを開始し、
その後、「単身パック」と商標として登録されました。
なので、日通以外の会社では「単身パック」とは別の名称をサービスに用いています。


単身パックは宅配便感覚の引越しなので、現住所で引越しスタッフに荷物を集荷してもう日時と
受け取り時間帯を連絡し、引越し先の住所に配達依頼をするといった感じのサービスです。
荷物のお届けは、早くても翌日になります。


単身パック3つのコツとは

単身パックは格安に引越しをすることができますが、
全ての引越しに対して安く引越しできるわけではありません。

しっかりとポイントをおさえていないと、
せっかく単身パックを選んでも失敗してしまうので、注意が必要です。


荷物の量を気を付ける

まず、1番肝心な事は、荷物の量です。

単身パックは、専用ボックスの中に荷物を積んで引越しをするサービスです。
決められた大きさのボックスに荷物を入れるので、大きな家具や家電も入らないし、
多くの荷物を入れることができません。


荷物が少なめの引越しの方におすすめするプランです。
どれぐらい荷物が入るのかというと、目安は以下の通りです。

・冷蔵庫(2ドア)
・全自動洗濯機(4kg)
・電子レンジ
・ダンボール10箱(350mm×430mm×310mm)
・衣装ケース3個(380mm×740mm×220mm)
・布団袋1つ
・スーツケース1個


これ以上に荷物も運ぶことができるのですが、
そうすると、専用ボックスが複数台に必要になっていまいます。

専用ボックスが複数台になると、安く引越しができなくなってしまいます。
なぜなら、料金体系が移動距離と専用ボックスの個数できまるからです。
専用ボックスが2台になれば、料金も2倍になります。


例えば専用ボックス1台で1万円だった引越しが、2台になると2万円となってしまいます。
なので、専用ボックスが1台に収まるような荷物であれば格安に引越しができるますが、
荷物が多く専用ボックスが複数台になると値段が高くなり、
普通の単身引越しのサービスの方が安くなる場合もあります。



ですから、荷物が少し多い場合には、不用な荷物を処分して、
専用ボックス1台に収まるようにした方がいいでしょう


移動する距離

2つめのコツは移動する距離です。

単身パックは、荷物が少ない長距離の引越しの方に有利なサービスとなっています。
基本的に引越しは、移動距離が長くなればそでだけ料金も高くなります。


単身パックの場合は、他の人の荷物と一緒に運ぶので、
移動距離に対する値段のあがり方が、トラック貸切りの引越しとちがって緩やかです。


なので、距離が長くなればなるほど、単身パックとトラック貸切りの単身引越しで、
料金の差が大きくなっていきます。

したがって、単身パックは長距離の引越しに有利となるのです。



逆に、近場の引越しの場合は、単身パックが有利とは限りません。
単身パックも安いことは確かですが、近場の引越しの場合には、
中小引越し業者の軽トラックで運ぶ引越しプランの方が安いことがあります。


値段が同じでも、軽トラックで引越しをする単身引越しプランの方が、
運べる荷物も多いです。


そのため、近距離の引越し、たとえば同じ市内や区内での引越しの場合には、
単身パックで安く引越しができないかもしれません。


引越しの日数に注意

3つめのコツは引越しの日数です。
単身パックは、専用ボックスに荷物を積んで運ぶ宅配便感覚の引越しサービスです。


だから荷物を集荷する日と荷物を届ける日を指定するのですが、
同じ日にすることができません。


どんな近場でも、荷物を受け取るのは翌日となります。
長距離の場合には、2日以上かかるかもしれません。


長距離の場合には、トラック貸切の引越しでも、翌日になることがあるので、
それと同じかそれよりも長くなると考えていれば大丈夫です。

これを念頭に引越しの計画を立てることができれば、引越しは上手くいくでしょう


単身引越し費用を節約するには

ひとり暮らしの引越しとはいえ、意外と値段が高い!
単身パックを利用すれば、安く引越しができるけど、荷物の量が心配!
逆に引越し料金が高くなってしまうのではないか…

そんな時は、複数業者から見積もりをもらいましょう!
そうすれば、自分の引越しにどれぐらいのお金がかかるのか把握することができます。
そして、安い引越し業者にお願いすれば、引越し費用を節約することができるでしょう!

ただ、複数業者といってもどこから見積もりをもらっていいのかわからないし、
大手引越し業者しかしらないという方もいるかと思います。


また、引越し費用をケチるばかりに悪徳業者にひっかかってしまう可能性もあります。

そこで、おススメなのが、引越し一括見積もりサイトです。
ここで見積もりを依頼すれば、1回の入力で複数業者から簡単に見積もりをもらうことができます。


大手引越し業者から中小引越し業者まで、あなたの引越しに適したサービスがあるなら、
見積もりをくれるでしょう

そして、引越し一括見積もりサイトに登録している引越し業者さんは、
厳選な審査を受けている業者さんなので悪徳業者は登録することができないので安心ですよ


▼一括見積もりサイトはココ▼