単身パックでベッドも一緒に運べないかな?と考えている人もいるのではないでしょうか?

単身パックが人気なのは、トラックをチャーターして荷物を運搬する、
いわゆる一般的な引越しよりも料金が安いところになります。


同一県内の引越しで、一般的な引越し料金の目安は20,000円ぐらいに対して、
単身パックの相場は15,000円程度となっています。


単身パックは、専用ボックス呼ばれるカゴ状の台車で荷物を運びます。
注意する点といえば、専用ボックスのサイズより大きな荷物は運べないし、
専用ボックスの収まりきらない荷物は運べないという事です。


収まりきらない場合は、専用ボックスを2台にすることはできます。
しかし、料金が高くなるので、単身パックを利用するメリットがなくなる可能性があります。


また、マットレスは専用ボックスよりサイズが大きので単身パックでは運ぶこができません。

専用ボックスで運べない荷物などは、宅配便を別途頼んで運ぶといいでしょう
配送料金の目安をクロネコヤマトのらくらく家財宅急便で調べたところ16,254円(税込)でした。
※移動距離は東京⇒東京です


この場合、15,000円(単身パックの料金相場)+16,000円(ベッドの宅配料金)で31,000程度となります。

一方、トラックなどの車両をチャーターする引越しの場合には、一緒にベッドを運ぶことができます。
その時の料金相場は、25,000円程度になります。


荷物にベッドがある場合、料金が安くなるのはチャーター便(トラック貸切り)の引越しです。


しかし、ひとくちにチャーター便での引越しプランであっても、
引越し業者によって利用するトラックのサイズも料金設定も様々です。


荷物量や移動距離などが同じ条件でも引越し業者によって料金が全然違います。

なので、引越しをする時は、複数業者から見積もりをもらう事をおススメします。
引越し一括見積もりサイトを利用すれば、簡単に複数業者から見積もりをもらう事ができます。


複数の見積もりを比較して、最安値の引越し業者を見つけることができます。


▼詳細はココから▼

単身パックで運べるベッド

基本的にベッドは専用ボックスよりサイズが大きいため、単身パックでは運ぶことができません。
単身パックで運ぶことができるベッドは、専用ボックスに収まる大きさで、サイズが調整できるベッドに限定されます。


単身パックで運べるベッド

・折り畳みタイプのマットレス
・分割ができるマットレス
・折り畳みタイプのパイプベッド
・分解・組み立てができるベッド

具体的なサイズの目安としては、引越し業者によって多少違いますが、
だいたい「100cm(横幅)×100cm(奥行)×175cm(高さ)」まで、大きさを調整できるベッドになります。


注意する点としては、専用ボックスの大きさが、引越し業者によって違うので、
きちんとサイズを確認してから、依頼することです。

各社の専用ボックスの大きさ

専用ボックスを利用して引越しをする単身パックがある業者の専用ボックスのサイズを調べました。
それは以下の通りです。

引越し業者 パック名 サイズ(奥行×横幅×高さ)
日通 単身パックL 108×104×175cm
クロネコヤマト 単身引越サービス 104×104×170cm
三八五引越センター シングルパックL 110×110×170cmもしくは

90×130×170cm

日通 単身パックS 108×74×155cm
三八五引越センター シングルパックM 80×110×150cm
クロネコヤマト 単身引越サービスmini 104×104×130cm

 

単身パックで運べないベッド

一般的なマットレスは、専用ボックスよりサイズが大きいため単身パックで運ぶことができません。
例えば、マットレスの縦幅が200cmに対し、専用ボックスの中で最も背丈あ高い日通の単身パックLでも
175cmだからです。

一般的なタイプ別マットレスのサイズ

一般的なマットレスのサイズは以下の通りです。

マットレスのタイプ  目安サイズ(横幅×縦幅)
 セミシングルサイズ  85×200cm
シングルサイズ  95×200cm
セミダブルサイズ  120×200cm
 ダブルサイズ  140×200cm
 クイーンサイズ  160×200cm
 キングサイズ   180×200cm

 

また、分解・折り畳みができるベッドであったとしても、
一辺の長さが専用ボックスのサイズを超える場合には単身パックで運ぶことができません。


単身パックで引越しをする場合、荷物が専用ボックスに収まるサイズが確認してから依頼しましょう
ただ、ベッドを運ぶことによって、専用ボックスが2つになるのであれば、移動距離との兼ね合いですが、
気を付けた方がいいでしょう


あまり持っている人はいないと思いますが、ウォーターベッドの引越しには、
専門業者による「水抜き」「解体」「設置」作業が必要みたいです。


水抜きをしていないウォーターベッドの重量は200kg以上になるそうなので、
こんなものを運ぶことはできません。


水抜きをして、専用ボックスに収まるサイズまでになれば、引越し業者によっては、
単身パックで運んでくれるかもしれません。


ウォーターベッドは、引越し業者によって取り扱ていない場合があるので、事前に確認が必要です。
いずれにせよ、ウォーターベッドを持っていた場合には、処分するにしても引越しするにしても
費用がかかりそうです。

マットレスが運べる長距離専用の単身パック

ベッドを運べる単身パックがあります。
それは、鉄道用のコンテナを利用して、貨物列車で荷物を運搬する日通の単身パックXです。


専用ボックスを利用した単身パックに比べ、コンテナのサイズ・積載量が大きいので、
ベッドをはじめソファーや自転車も運ぶことができます。


内寸は2.279m(長さ)×1.649m(幅)×1.989m(高さ)です。
ただし、エリアが限定されています。


詳細はこちらから

まとめ

単身パックは、専用ボックスに荷物を入れて目的地へ運びます。
専用ボックスより大きな荷物を運ぶことができません。


以下は、単身パックで運べるベッドと運べないベッドです。

単身パックで運べるベッド

・折り畳みタイプのマットレス
・分割ができるマットレス
・折り畳みタイプのパイプベッド
・分解・組み立てができるベッド



単身パックで運べないベッド

・折り畳みのできない通常のマットレス
・一辺の長さが175cmを超えるベッド


単身パックで運べないベッドの場合や、ベッドを入れることによって専用ボックスが2台以上になってしまう場合は、
普通の引越し(トラックをチャーターする引越し)の利用がおススメです。


同じ条件でも引越し業者によって料金が違ってくるので。引越し一括見積もりサイトを利用して、
複数業者から見積もりをもらった方がいいです。


複数の見積もりから一番安い引越し業者に頼めば引越し料金を安くすることができます。



▼公式サイトはココ▼