東京で家賃3万円台!引越し費用も0円なら東京に住める!

東京で一人暮らしをしたいと思っていても、ネックになるのはお金が掛かることです。

頑張って、初期費用を貯めて、東京で一人暮らしが出来たとしても、家賃が高く生活は厳しくなります。
そうすると、せっかく東京に住んだのに、お金の心配ばかりしていている状況になります。

東京での一人暮らしを断念して、
途中で実家に戻ったとしても、ものすごく費用をかけたあげく、賃貸の契約しだいですが違約金までついてきます。
こう考えてしまうと、東京に住むことをためらってしまうかもしれません

そのリスクを少しでも解消できるのが、シェアドアパートメントです。

シェアドアパートメントなら初期費用も抑えらえるし、家賃も3万5千円で東京に住むことができます。
もし、挫折した場合でも、サブスクリプション(月単位の契約)なので、違約金などがなく簡単に実家に戻ることもできます。

今は、昔と違って東京へ住む、ハードルが低くなっています。

そもそも、シェアドアパートメントとは

シェアドアパートメントは、クロスハウスオリジナルの呼び名なので、知らない片が多いと思います。

簡単に説明すると、
キッチン・シャワー・トイレ・洗濯機などの水回りをシェアして、初期費用と毎月の家賃を抑えた物件です。

全室が個室で、テレビや冷蔵庫、ベッド、机、収納スペースなど生活に必要な家具や家電が備えられています。
なので、引越し費用を0円にすることができます。
スーツケースに衣服などの荷物を入れて、電車などで部屋までくれば引越し完了です。

これって、シャアハウスと何が違うの?

従来のシェアハウスとの違いは、みんなと交流する共有リビングがない事。
その為、普通のシェアハウスより建物の規模が小さくできるので、家賃もシェアハウスより安くなります。
シェアハウスは安いけど、人との交流が苦手だからと躊躇していた方でも、
最低限の交流でいいので、家賃を抑えて一人暮らしできます。

シェアドアパートメントのメリット

シェアドアパートメントはどんなメリットがあるんでしょうか?

・家賃が安い
・初期費用が安い
・立地の良いエリアに住める
・保証人が不要
・1ヶ月から入居できる
・家具家電付き
・無料で物件を移動できる

家賃が安い

シェアドアパートメントは、普通のシェアハウスやアパートよりも家賃が安いです。
東京23区のワンルームの平均家賃は7.8万円です。
シェアドアパートメントの家賃は3万円から4.5万円あれば、だいたいの物件に住めます

初期費用が安い

賃貸の初期費用は、およそ家賃の4.5~5ヵ月分と言われています。
家賃が7.8万円の場合、初期費用が5ヵ月分だとすると、39.0万円です。
シェアドアパートメントは、初期費用が3万円+家賃が3万円+共益費が1万円の計7万円です。

立地の良いエリアに住める

シェアドアパートメントは、新宿・渋谷・池袋・品川・上野・横浜まで20分圏内の物件が多いです。
ターミナル駅に近いのでとても便利です。
家賃は安く抑えつつ、会社や学校の近くに住みたい人には大きな魅力です。

保証人が不要

シェアドアパートメントに保証人は不要です。

また、普通のアパートの入居審査のように、職業や貯金額、クレジットカードの滞納歴などのチェックはありません。
そのため、貯金が無い無職やフリーランスでも問題なく審査に通ります。

1ヶ月から入居できる

シェアドアパートメントは、最短1ヶ月から入居可能です。

普通の賃貸だと契約期間は2年が多いです。
また、途中で退去した場合には違約金が必要になります。
しかし、シェアドアパートメントならかかりません。

そのため、就職期間中の人や長期出張の人の住まいとしてもおススメです。
試しに一人暮らしをしてみるという事もできます。

家具家電付き

シェアドアパートメントは、生活に必要な家電や家具が最初から付いています。
なので、新生活のために、家具や家電を買い揃える必要はありません。

極端な話、スーツケース1つで引越しもできてしまいます。

無料で物件を移動できる

300物件3,500室の移動が無料で行えます

シェアドアパートメントの3つのデメリット

シェアドアパートメントのデメリットは以下の通りです。

・年齢制限がある
・友人や家族を呼べない
・布団やマットレスが付いていない

年齢制限がある

1番のポイントはコレ!
シェアドアパートメントには年齢制限があります。

入居できるのが18歳~39歳です。
入居できたとしても40歳の誕生日には、退居する必要があります。

友人や家族を呼べない

シェアドアパートメントは安全保障のため、第三者は立ち入り禁止となっています。
その為、友人や家族を部屋に呼ぶことはできません。

布団やマットレスが付いていない

ベッドは設備としてついていますが、肝心の布団やマットレスはついていません。
そのため、自分で用意する必用があります。

身軽で居たい人は、レンタルができます。
物件により異なりますが、布団セットが月々1,000円、マットレス月々1,000円となっています。

お金がなくても東京で一人暮らしができます。

東京で一人暮らしをする時に一番のネックになるのが初期費用です。
敷金や礼金など、家賃の5ヵ月分のお金が必要になります。

それは、賃貸を契約するだけのお金であって、
新生活に必要な家具や家電、引越し費用などを考えると、ゾッとします。

これが、シェアドアパートメントなら一変します。
初期費用は3万円!
家賃も3万円台の物件が多いです。

これなら、お金がなくても東京で一人暮らしができそうです。
しかも、ターミナル駅まで20分ぐらいの圏内です。
とても、生活するには便利な立地条件となります。

万一、東京での一人暮らしに挫折しても、契約が1ヶ月単位なので、
すぐに実家に戻ることもできます。

なので、気軽に一人暮らしを試すこともできますね