引越しで荷物を運ぶのはトラックというイメージがありますが、鉄道コンテナを利用した引越しサービスがあります。
トラックを占有して引越しをするよりも引越し料金が安いので、とても人気が出てきています。


引越し料金は意外と高いので、少しだけでも引越し料金を節約したものです。

そこで、引越しが安くできる鉄道輸送のポイントとどんな引越しサービスがあるのかを紹介します。

鉄道コンテナ輸送のポイント

鉄道コンテナの輸送のポイントは、全国に広がるJRの鉄道網を利用して運びます。
2トンコンテナは、日通のオリジナルで開発したもので荷物量の少ない引越しに最適で、
長距離の引越しもリーズナブルに利用できます。


また、最寄り駅からの集荷・配達はトラックで行うので、ドアtoドアの時間指定も可能です。
さらに、短期間であれば、一時保管が可能です。


環境に優しい鉄道輸送

鉄道輸送は環境に優しくエネルギー効率が高い輸送機関として再注目されています。
CO2の排出量はトラックの約1/10、エネルギー消費量も約1/5という優等生ぶりです。


日通は、130年を越す鉄道輸送の実績があり、現在もトップランナーとして環境に優しい輸送を提供しています。
お客様と貨物ステーションを結ぶコンテナの集配トラックについても低公害型のCNG車を導入中です。


鉄道コンテナ輸送の仕組み

鉄道コンテナ輸送は、鉄道による幹線部分と、トラックによる集荷・配達との連携によって荷物をお届けする複合一貫輸送サービスです。


鉄道利用運送事業者が発着まで一貫してコーディネートします。
北海道から九州まで全国に張り巡らされたネットワークを活用して、荷物をドア・ツー・ドアで安全に確実・スムーズに、しかも低料金で輸送します。


日本通運独自の2トンコンテナ

6フィートコンテナ(2t)は、日通が独自開発した専用コンテナです。
普通は12フィートコンテナなのですが、それでは大きすぎるという小口貨物向けのハーフサイズです。


それでも、引越し用のダンボール箱なら約200個は収納可能です。
取扱拠点も全国主要都市37か所にあります。
日通が専用運用するので、コンテナ内部はいつもキレイです。

日通の単身パックX

鉄道輸送を利用する引越しサービスが日通の単身パックXです。
CO2排出量の少ない鉄道輸送を利用して環境に優しい引越しを行います。


単身パックLの約3倍の容積になるため、荷物が少し多めでも運ぶことができます。


単身パックXの特徴は、

・単身パックLに入らない自転車やベッドなどが入る
・料金体系がわかりやすい
・環境に優しい鉄道輸送でエコ引越し
・時間帯指定ができる
・東京から大阪間は最短で翌日配達が可能
・都合に合わせて5日間まで無料で荷物を預かってくれます。
・エリア限定

単身パックXの詳細については、こちらの記事をお読みください。

日通の単身パックXはどんなサービス?その内容と料金を解説!


まとめ

日通の鉄道コンテナを利用する引越しサービスは単身パックXです。
鉄道輸送を利用するので、環境に優しくて料金もリーズナブルとなっています。


ただ、エリアが限定されている事と3/20~4/10までは販売対象外期間となっています。
繁忙期に利用できないのは少し残念です。


日通の単身パックLで、荷物が入りきらなかったり、自転車やベッドなど大きな家具がある場合は、
単身パックXがおススメです。


ちなみに東京から大阪までは、59,000円となっています。



引越しをする時は、どの業者のどのプランを使うかによって、料金もだいぶ違ってきます。
だけど、どの業者のどのプランが安いなんていう情報は分かりません。


そんな時に役に立つのが、引越し一括見積もりサービスです。
1回の入力で、複数の業者から簡単に見積もりをもらう事ができます。


同じ条件での見積もりなので、自分の引越し料金の相場を知ることもできるし、
一番安い引越し業者も知ることができます。


引越し費用を節約したい時は、一番安い引越し業者と契約をすればいいだけです。
引越し一括見積もりサービスは無料で利用できるので、使わない手はないですよ


▼一括見積もりはココ▼