日通の単身パックは専用ボックスに荷物を入れて運ぶサービスです。
引越しの前日までに小物の荷物などは荷造りをして準備しておく必要があります。


そして引越しの当日には、スタッフが家具類や家電製品等を梱包して搬出してくれます。
もし、引越し当日に専用ボックスに荷物が入りきらない場合はどうすればいいのでしょうか?



その対応方法は、2つあります。


専用ボックスのサイズより小さい場合

まず1つめは、専用ボックスのサイズより小さな荷物の場合です。
この時は、専用ボックスを増やせば問題ありません。


ただ、専用ボックスが2台になれば、引越し料金も2倍になってしまい、
予定外の出費とるので、現金をもってないとちょっと慌てるかもしれません。
クレジットカードで払おうと思っても、急には使えません。


見積もり時に申し出をしてマイページにクレジットカードを登録しておく必要があるからです。
なので、最初からクレジットカード払いにしておいた方が無難でしょう


専用ボックスのサイズより大きい場合

2つめですが、これは専用ボックスのサイズよりも荷物が大きい場合です。


家具類で分解できるものであれば、分解して専用ボックスに入れることができるかもしれませんが、
分解できない場合には、専用ボックスに入らないのでどうしょうもありません。


では、どうすればいいのかというと、宅配便で別に運んでもらうことができます。


もしエリアが合えば裏技

専用ボックスに荷物が入りきらない場合、エリアが合えば、単身パックXにするという手もあります。
単身パックXの鉄道コンテナは、単身パックLの専用ボックスの3倍の荷物が入ります。


ただ、引越し当日に急に変更ができるかという問題もありますね
もしかすると、後日に仕切り直しかもしれません。


その時に単身パックを当日にキャンセルする事になるので、キャンセル料が発生します。
もしかすると、後日単身パックXで引越しをするので、おまけしてくれるかもしれません。
そこは、交渉次第という事になるでしょう


ちなみに単身パックSとLの当日キャンセル料は500円です。


まとめ

単身パックに荷物が入りきらない場合には、2つの方法があります。
1つは専用ボックスを増やすケースと宅配便で運んでもらうケースです。


専用ボックスのサイズよりも大きな荷物の場合には、宅配便で運ぶことが必須となりますが、
そうでない場合には、専用ボックスを増やした場合と宅配便で運んだ場合の料金を比較して、安い方を選んだ方がいいと思います。


そして、料金の支払いは最初からクレジットカード払いにしておいた方が無難です。

また、裏技としては条件はありますが、単身パックXを使うという手もありかもしれません。