日通の単身パックは、専用ボックスで荷物を運ぶタイプと鉄道コンテナに荷物を入れるタイプがあります。
どちらとも長距離の引越しを得意としています。

ただ、鉄道コンテナで引越しをするタイプは、鉄道で荷物を運ぶので、エリアが限定されています。
詳細は、引越しを申込むときに相談してくださいね


単身パックSとLで運べる荷物の量

専用ボックスで荷物を運ぶ単身パックはボックスの大きさが2種類あります。
その種類によって単身パックSと単身パックLとにサービス名が別れます。

では、専用ボックスのサイズと荷物量の目安をみていきましょう

単身パックS

内寸:横108cm×奥行74cm×高さ154cm

運べる荷物の目安

・冷蔵庫(2ドア、109リットル)
・薄型テレビ(20インチ)
・テレビ台(小)
・電子レンジ
・掃除機
・カラーボックス(3段)
・姿見
・布団
・ダンボール4箱(517mm×343mm×343mm)

料金は17,000円~です。

単身パックL

内寸:横104cm×奥行104cm×高さ174cm

運べる荷物の目安

・冷蔵庫(2ドア、109リットル)
・洗濯機(4kg)
・薄型テレビ(20インチ)
・テレビ台(小)
・電子レンジ
・掃除機
・カラーボックス(3段)
・衣装ケース(39cm×53cm×23cm)
・姿見
・布団
・ダンボール5箱(517mm×343mm×343mm)

料金は18,000円~です。


単身パックXで運べる荷物量は?

単身パックXは、鉄道コンテナに荷物を入れて運ぶタイプのサービスです。
鉄道輸送を利用して引越しを行います。
なので、エリア限定のサービスです。



そんな単身パックXは、どれぐらいの荷物が運べるのでしょうか?

内寸:横227.9cm×奥行164.9cm×高さ198.9cm


運べる荷物の量は、単身パックLの3倍と言われています。
ちなみに、単身パックLに入らない、ベッドや自転車なども運ぶことができます。


まとめ

単身パックの魅力は、安く引越しができるところです。

ただ、日通の単身パックで運べる荷物の量は少ないです。
なので、単身赴任の方や、入学や新社会人で初めて親元を離れる方におススメのサービスです。

専用ボックスを複数台にすれば、専用ボックスのサイズに入るものであれば、
いくらでも運ぶことができます。

ただし、単身パックは専用ボックスの数によって料金も違ってきます。
専用ボックスが2台になれば、料金も2倍になります。
3台になれば、当然料金も3倍になります。

荷物の量が少なく、長距離の引越しあれば、日通の単身パックはおすすめです。