日通の引越しは、大手引越し業者の1つです。

大手引越し業者なので、サービスも充実しており何と言っても安心感があるので、
見積もりをもらって予算内であればお願いしたいという人も少なくありません。

では、日通の見積もり金額を予算内におさめるにはどうしたらいいのでしょうか?

今回は、日通の単身パック(単身引越しを含む)の見積もりを安くするための3つのポイントを紹介します。

ポイント1 一括見積もりサイトを利用する

日通の単身パック(単身引越しを含む)の見積もりを安くするためのポイントのひとつめは、
一括見積もりサイトを利用することです。



一括見積もりサイトは、引越し価格ガイドや引越し侍など、数社の見積もりサイトが存在します。
そこに登録してある引越し業者の中で、あなたの引越しに対応できる複数の引越し業者から一気に見積もりを請求できるというものです。


引越したい日にち、旧居と新居の場所、荷物の量を入力するだけで、
対応可能な引越し業者から見積もりをもらうことができます。

ネットで申込めるので、スマホやパソコンを使えるところであればどこでもできるというのも気軽です。


一括見積もりサイトで荷物量を正確に設定しないと、実際の見積もり金額と違ってしまいますが、
各引越し業者は、同じ条件で見積もりを出しているのでそれぞれの料金はわかります。



この段階では、各引越し屋さんの見積もり金額がわかればいいです。
その平均が自分の引越しの相場になります。


ポイント2 3社以上から見積もりをもらう

一括見積もりサイトでもらった見積もり額をみて、日通の見積もりと同じ金額の業者と日通よりも安い見積もりの業者を選びます。


より正確に見積もりをしてもらうために、訪問見積もりを依頼します。
その時に3社以上から見積もりをもらうようにしましょう



日通の単身引越しは、訪問見積もりは不要なのですが、訪問見積もりをしてもらいましょう
ただし、単身パックは1台の専用BOXにおさまりきるか微妙な時以外は不要です。



訪問見積もりは、面倒かもしれませんが2社で済ませてしまうと価格交渉ができないことがありますので、
面倒でも3社以上に訪問見積もりをしてもらいましょう


というのも、訪問見積もりは、旧居の周りの環境や具体的な条件などを含めて正確な見積もりを出してもらうことができます。

さらに一括見積もりでは分からない接客対応などもわかります。


また、思ってもみなかったサービスなどを提案してもらえるかもしれません。


ポイント3 日通からは最後に見積もりをもらう

ポイント1と2は、この3つ目の準備だと考えてください。
ここの3つめが本番です。



3社以上に訪問見積もりをしてもらいますが、日通を最後にするのがポイントです。
なぜなら、日通との交渉材料を揃える必要があるからです。

その材料がまさに他社の見積もりなのです。

日通だけの見積もりで交渉しても、比較する材料がないので正直限界があります。


何度も引越しをしていて、引越しの料金事情に精通している人であれば、材料がなくても交渉できますが、
ほとんどの人がそうではありません。



日通よりも安い見積もりを提示した業者さんを引き合いに出したり、
同じ料金でも、何か特別なサービスをしてくれるという話をすることによって、
日通の営業の人も、契約するためにどんな事をしなくてはいけないかを考えてくれるようになる訳です。



日通と契約をしたいという雰囲気を出しながら、より安い業者さんや条件の良い業者さんがいるので、
悩んでいるという交渉をすれば、かなりの確率で見積もり交渉に応じてくれるでしょう

もしかすると、最安値の業者さんに近い見積もり額まで下がるかもしれません。


まとめ

日通の単身パックの場合は、専用BOXの数と移動距離(エリア)で料金設定されているので、
値引き交渉をしてくれるかは不明です。


他の業者の単身パックが安ければ交渉に応じてくれるかもしれません。
やってみないと分かりません。


単身パック以外の引越しであれば、値引き交渉は可能です。
ただし、繁忙期の場合は無理かもしれません。


いずれにせよ、どんな引越しであれ、一括見積もりサイトを利用して複数業者から見積もりをもらう事は必須です。
そこから一番安い業者さんに決めてもいいし、値引き交渉の材料をそろえて自分の好きな引越し業者と交渉してもいいです。


引越し見積もりサイトは無料で利用できるので、使わない手はないでしょう



▼一括見積もりサイトはココ▼