日通の単身パックは格安に引越しができると評判ですが、
移動距離によって料金は変わるのでしょうか?



その答えは、普通の引越しと同様で移動距離によって料金は変わります。

では、日通の単身パックと移動距離の関係はどうなのか?
調べてみました。

単身パックと普通の引越しとの違い

単身パックでも普通の引越しと同様に移動距離によって料金が違ってきます。
ただ、その上げ幅が違います。


日通の単身パックLでの引越し料金は18,000円から引越しができます。
単身パックで同じ東京の同一区内で引越しをすれば、料金は18,000円になります。


これが東京から大阪の引越しになったとしても、28,000円です。
15km以内の引越しと500km以上の引越しの料金差は、10,000円です。



では、普通の引越しはどうなのでしょうか?
15km以内の引越しの料金相場は20,000円で、500km以上の相場は54,000円です。
その差は30,000円です。


普通の引越しの場合は、あくまでも相場での差なので、正確ではありませんが、
単身パックよりは、料金の差が大きいです。


その理由は、トラックをチャーターするか、みんなで使うかの差です。
単身パックは、他の人の荷物と一緒に運ぶので安いのです。


単身パックは長距離の引越しに有利?

近距離の引越しだと、単身パックも普通の引越しも料金的にはあまり差はありませんが、
長距離になってくると、料金の差が開いてきます。


こう考えると、荷物が少なくて長距離の引越しの場合は単身パックの方が有利となります。
日通のホームページにも、長距離の引越しの場合は、単身パックS・Lをススメています。


近距離の場合は単身パック当日便があります。
また、中小引越し業者を利用してもいいでしょう

まとめ

日通の単身パックは長距離の引越しに有利です。
ただ、荷物の量が多い場合には、専用ボックスの台数が増えてしまう可能性があるので、
普通の引越しプランも含めて検討することが大切です。


一括見積もりサイトを利用して、複数業者から見積もりをもらうといいですよ
1回の入力なので、同じ条件で複数業者から見積もりをもらう事ができるので便利です。


▼一括見積もりはココ▼