日通の単身パックは、専用BOXに荷物を入れて運ぶサービスです。
普通の引越しよりも格安に引越しができると評判です。

そんな単身パックでハンガーボックスは必要なのでしょうか?

ハンガーボックスも自分で用意!

そもそも日通の単身パックは、梱包資材を自分で用意する必要があります。
面倒だとう方には、オプションとして有料で梱包資材が用意されています。



資材セットの内容は、

・ダンボール
  Sサイズ(343×343×343mm):4個
  Lサイズ(517×343×343mm):6個
・クラフトテープ:1個
・フトン袋:1袋

料金は2,800円(税抜)です。



なんとハンガーボックスは入っていません。

今は販売停止中ですが、クロネコヤマトの資材セットの中には、ハンガーボックスも含まれていました。


単身パックにハンガーボックスは必要?

単身パックは専用ボックスに荷物を入れるので、スペースが限られています。
ハンガーボックスは、とても便利なのですが、非常にデッドスペースが多くなるというデメリットがあります。


なので、単身パックを利用する場合、ハンガーボックスを使うことで他の荷物を入れるスペースが狭くなることを考えた上で、ハンガーボックスを使うかダンボールに詰めるかを判断する必要があります。

ただ、ハンガーボックスは日通の資材セットにも入っていないので、自分で用意する必要があります。


ハンガーボックスはどこで手に入れる?

ダンボールなら、コンビニやドラッグストアなどで無料でもらえそうですが、
ハンガーボックスは、どこかで購入する必要がありますね



では、どこでハンガーボックスを買うことができるのでしょうか?

ハンガーボックスは通販で買うことができます。
Amazonでも楽天でもたくさんの種類のハンガーボックスを買うことができます。


楽天だと、1,500円~8,000円ぐらいで買うことができます。
Amazonでも同じですね



単身パックで引越しをするので、そんなに高いハンガーボックスを買う必要はありませんね
一番安いもので十分だと思います。


▼楽天はココ▼

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

引越・保管用ハンガーボックスM
価格:1728円(税込、送料別) (2018/3/1時点)


▼Amazonはココ▼