ひとり暮らしの引越しは荷物が少ないことが多いのですが、大きな荷物があるとすればベッドになります。
日通の単身パックの場合、ベッドを運ぶことができるのでしょうか?

結論から言えば、ベッドのサイズや種類にもよりますが、日通の単身パックでベッドを運ぶことはできません。
ではどうすればいいのでしょうか?


日通の単身パックで運べるベッドもある

日通の単身パックは、専用ボックスと呼ばれるカゴ状の台車が使われます。
この専用ボックスのサイズよりも大きなものは、運べないことになります。


日通の単身パックLの専用ボックスのサイズは、横104cm×奥行104cm×高さ174cmです。

なのでこのサイズに収まるベッドであれば運ぶことができます。



単身パックで運べそうなベッドは以下の通りです。

・折りたたみタイプのマットレス
・分解できるマットレス
・折りたたみタイプのパイプベッド
・分解・組み立てができるベッド



ただ、専用ボックスに入ったとしても専用ボックスが増えてしまうのであれば、
引越し料金は高くなってしまいます。



東京から大阪の単身パックLの引越し料金は、専用ボックス1台で28,000円です。
これが2台になると、28,000円x2で56,0000円で、複数ボックス割引でマイナス2,000円なので、
54,000円(税抜)となります。



また、ベッドの組立や分解はオプションプランとなり別途料金が必要になります。
解体は2,000円(税抜)で組立が3,000円となります。


単身パックでベッドを運ぶための解決方法

日通の単身パックLやSで、専用ボックスに入らないような荷物は別途運んでくれます。
なので、単身パックL+ベッド輸送という形式になります。


料金は大きさと移動距離によるみたいなので個別に案内してくれるので、どれぐらいかかるのかは不明です。
参考にクロネコヤマトの場合は、東京から大阪間でシングルベッドだと19,170円(税込)ぐらいで、
ダブルベッドだと25,866円(税込)ぐらいです。


おそらく日通も同じぐらいの値段ではないかと推測されます。
なので、東京から大阪間であれば、単身パックLで専用ボックスを2台つかうよりも別途運んでもらった方が安いです。


近距離の場合はコレ!

近距離の引越しの場合であれば、日通の単身パック当日便でもいいかもしれません。
このサービスはトラック貸切なので、ベッドも運ぶことができます。
ただ、移動距離が30分程度で、4時間で引越しが終わることが条件になります。

詳細はこちらの記事をどうぞ
日通の単身パック当日便とは?その条件や料金まとめ


遠距離の場合はこれも使える

遠距離の場合は、単身パックL+ベッド輸送というパターンもありますが、
単身パックXを使う方法もあります。


単身パックXは鉄道コンテナを使って、鉄道で引越しをするサービスです。
鉄道コンテナの大きさは、横227.9cm×奥行164.9cm×高さ198.9cmです。


シングルベッドの目安サイズは95×200cmで、ダブルベッドは140cm×200cmなので、
鉄道コンテナで運ぶことができます。


ちなみに東京から大阪間の引越し料金の目安は、59,000円(税抜)です。
ただ、このサービスはエリア限定なので、対応できない地域もあります。



詳細はこちらの記事を参考にしてください
日通の単身パックXはどんなサービス?その内容と料金を解説!


まとめ

基本的に日通の単身パックではベッドを運ぶことはできません。
仮に運べるとしたら、折りたたみのベッドや分解可能なベッドで、専用ボックスのサイズ内であれば運べます。
ただ、専用ボックスの台数が増える場合には、料金が高くなるので、単身パック以外のサービスを検討した方がいいでしょう



ベッドを運ぶ方法としては、単身パックSまたはL+ベッド輸送という方法があります。
これもベッドの大きさと移動距離によって料金が違ってくるので、他の方法と料金の比較をした方がいいでしょう



また、近場の引越しの場合には、単身パック当日便を使えるかもしれませんし、
長距離の引越しで、対象エリア範囲内であれば、単身パックXという方法もあります。



荷物にベッドがある場合には、日通の単身パックにこだわることなく、
他の業者さんの引越しプランも検討した方がいいかもしれません。


そんな時に便利なのが、引越し一括見積もりサイトです。
これを利用すれば、同じ条件で簡単に複数業者から見積もりをもらう事ができるので、
自分の引越しに合った業者さんを選ぶことができますよ


▼複数業者から見積もりをもらう▼