引越しの荷物を一時保管したい!


色々な事情でそう悩んでいる人もいるのではないでしょうか?

・家の建て替えやリフォームの間、家財の保管場所がない
・スケジュールの都合で引越し先に搬入するまでの間、荷物を一時保管して欲しい
・新居にスペースがなく、大切な家具が入らない。でも処分したくない
・留学でアパートを引き払って海外へ。そのあいだ荷物を預かってほしい

日通でも荷物を預かってくれるサービスはあるのでしょうか?
その答えは、Yesです。


日通でも荷物預かりサービスがあります。
今回は、日通の荷物預かりサービスの料金やサービス内容について紹介します。

日通の荷物預かりサービスについて

日通にはお荷物の一時保管サービスがあります。
一時保管は、短期~長期まで、あなたの都合に合わせて最適なプランが用意されています。



日通の一時保管はこんな時に便利です。

・転居先の住人が退室するまでの間
・入社後の着任地が決まるまでの間
・住居のリフォーム
・住居の建て替え

などなど


建替えの時などは、仮住まいへ引越しをすると同時に、日通のトランクルームで仮住まいに入らない家財道具を保管。
新居が完成したら、仮住まいから新居への引越しと、トランクルームから新居への荷物の搬入を行う流れになります。

日通の一時保管サービスは、短期と長期の預かりがあります。


短期(1ヶ月未満)の場合

一時保管が1ヶ月未満の場合には、輸送モードによる日数調整なども考慮して対応してくれます。
例えば、トラック輸送なら翌日に着く距離の引越しで、10日後に荷物を届けて欲しい場合には、鉄道コンテナ輸送を利用することにより、保管料の負担を少なくして荷物を届ける方法などがあります。


長期(数か月間)の場合

住居のリフォームや建て替えで、家財を数か月間保管したい場合は、トランクルームに保管後、指定の日時に荷物を配達します。
預かる家財には保管に適した梱包を行い、保管からお届けまで責任をもって管理してくれます。


日通のトランクルームの特徴

保管は、国土交通省認定のトランクルームを使用し、大切な家財を安全に確実に預かってくれます。
また、日通では貸しコンテナ(格安トランクルーム)は取扱っていません。


貸しコンテナ(格安トランクルーム)とは、よく町中にあるコンテナタイプの収納スペースをレンタルするものです。
カギや収納物の管理は、借り手の自己責任になり、いつでも出し入れが可能です。
また、庫内は空調設備がないため、夏場は高温、冬場は低温となるうので、家財が傷みやすい状態となります。


しかし、日通のトランクルームは、温度・湿度やセキュリティを集中管理する比較的大きな規模の設備となり、頻繁に荷物の出し入れをしたいケースには適しないサービスです。


そのため、預ける荷物は、途中で出し入れしなくても良い家財を選ぶのがポイントです。
ただ、全く出し入れができない訳でもなく、事前に連絡をすれば対応してくれます。
そのかわり、出し入れの都度、出入庫料と配送料が必要となります。

注意点としては、エリアや時期等によって取扱いできない場合があります。


日通の荷物預かりサービスの料金について

日通の荷物一時預かりサービスですが、料金はどれぐらいなんでしょうか?
ホームページには、料金の目安らしいものはありませんでした。


荷物預かりサービスも引越しと同じで、預ける荷物の量やトランクルームまでの移動距離で料金が決まるようです。
また、トランクルームの空き状況なども考慮されるみたいなので、見積もりをもらわないと分かりません。


短期保管や建替えによる保管は、引越しのオプションプランとして一時預かりサービスを申込むと思うので、引越しの見積もりをもらえばいいと思います。


リフォームで、仮住まいに引越しをしない場合には、単純に一時預かりサービスの見積もりをもらうといいでしょう

いずれにせよ、見積もりをもらわないと料金はわかりません。


荷物預かりと町中のトランクルームはどちらがオトク?

日通の荷物預かりとトランクルームではどちらがオトクなのでしょうか?

結論からいうと分かりません。
なぜなら、用途によって違うからです。

日通の荷物預かりであれば、引越しに絡むケースで保管する期間が決まっている場合には、
手続きも1回で済むので、日通などの引越し屋さんのトランクルームがいいでしょう



逆に一般的なトランクルームがオトクなケースは、特に保管期間が決まっている訳ではなく、
あまり使わないものだけど、年に数回必要になるなど、保管期間に出し入れが発生する場合です。


まとめ

引越し屋さんの荷物預かりは、引越しのオプションプランです。
建替えなどの引越しに絡むもので、保管期間が決まっているのであれば、オプションプランに申込めばいいと思います。


ただ、料金は見積もりをもらわないと不明です。
引越しの料金もあるので、値下げ交渉もできそうですね


こんな時に便利なのが、引越し一括見積もりサービスです。
荷物預かりのオプションを含めて、一括見積もりをしてもらえば、複数業者から見積もりをもらう事ができます。


見積もり額を比較して、一番安い引越し業者にするのもいいし、
自分の好きな引越し業者が高い場合には、他の業者の見積もり額を元に値引き交渉することもできますね


▼一括見積もりサイトはココ▼