ダンボールは引越しに欠かせないアイテムです。

一人暮らしの引越しでも10~20個ぐらい使うでしょう!
ましてや家族の引越しの場合は、50個を超えてしまうかもしれません。

それほど、ダンボールは引越しおいて重要な役割をします。




なので、どのダンボールを引越し業者にもらえるのか、または有料で購入するのか?
自分で用意するのかというのが大切になってきます。



では、大手引越し業者である日通のダンボール事情はどうなっているのでしょうか?
調査してみました。


日通の単身パックはダンボールは無料なのか?

日通の引越しプランで人気があるのが単身パックです。

単身パックには、単身パックSや単身パックLなど種類も多いので、
日通で単身引越しをする人も多いです。

単身パックの人気の秘密は、単身パックの種類が豊富だけではなくその料金の安さにあります。
単身パックSであれば、17,000円~引越しができます。
大手引越し業者でこの値段はとても安いです。


ちなみに東京から大阪の引越しは25,000円で、長距離の引越しでは圧倒的な安さです。

そのため、ダンボールは無料でもらえません。
自分で用意する必要があります。

ただし、単身パック当日便は、サービス特典で梱包資材がもらえます。

詳しくはこちらの記事をどうぞ
日通の単身パック当時便とは?その条件や料金まとめ

ダンボールを自分で用意するのが面倒であれば、日通では有料ですが資材セットが用意されています。


その資材セットの内容は以下の通りです。

・Sサイズダンボール(343×343×343mm):4個
・Mサイズダンボール(517×343×343mm):6個
・クラフトテープ:1個
・フトン袋:1袋



値段は2,800円(税抜)
申込はインターネットまたは電話ででき、申込日より3日目以降に資材を配達してくれます。



アマゾンでもダンボールを購入することはできますが、
引越し費用を節約したいのであれば、ダンボールは自分で用意した方がいいでしょう
コンビニやドラッグストアでもらう事ができます


日通の単身パック以外でダンボールはどうなの?

単身パック以外のサービスではダンボールはどうなるのでしょうか?


無料でダンボールをもらえるようです。


家族の人数によって無料のダンボール数も違ってきますが、
ダンボールは最大で50個まで無料のようです。



その他にもガムテープや布団袋、ハンガーボックスを貸してもらえるサービスがついてきます。

もちろん家族向けのプランだけでなく、単身引越しの場合でも単身パックを利用しなければ、
ダンボールを無料で提供してもらえます。

家族が多いと、50個ではダンボールが足りない場合もあるかと思いますが、
上手く交渉すれば、何個かは無料で提供してくれるでしょう


契約する時の条件にしてもいいかもしれませんね
また、「他の業者さんは無料にしてくれた」という殺し文句もいいようです。


日通のえころじこんぽは何?

日通の引越しの特徴として、人と地球に優しいえころじこんぽがあります。


このえころじこんぽは、独自に開発した繰り返し使える梱包資材(反復資材)を使った引越しプランです。
反復資材を使うことで、梱包にかかる手間とゴミを減らし、人と地球環境に優しい引越しを実現しています。


えころじこんぽの反復資材を紹介します。

・シューズボックス
・ハンガーボックス
・ハイパット(家具梱包)
・ネット付毛布(大きめ家具梱包)
・テレビボックス
・食器トランク
・プラコン(小物用)
・マルチボード(家電製品ガード用)
・パック毛布(タンスの引き出し梱包)



反復資材を使うと作業効率が格段にアップするため、作業時間も大幅に短縮することができます。
従来の資材を使用した場合と比べると作業時間は3分の1になるようです。



注意点としては、セルフプランに申込んだ場合、反復資材のレンタルは近距離の引越しのみとなっているようです。
ハーフプランとフルプランは、どんな引越しでも反復資材のレンタルは可能のようです。


まとめ

日通の単身パックではダンボールは有料となります。
もちろん、梱包資材の回収もしてくれません。


ただし、単身パック当日便は、特典として梱包資材がサービスされます。
また、梱包資材の回収も1回だけ行ってくれます。



それ以外のプランの場合には、ダンボールも無料で提供してもらえるし、
使用済資材の回収も無料で行ってくれます。


そして、セルフプラン、ハーフプラン、フルプランを利用する場合には、
えころじこんぽを利用できます。


えころじこんぽは、繰り返し使える反復資材で地球にもお財布にも優しく、エコと効率化を実現します。
しかし、セルフプランは近距離の引越し限定となります。