アート引越センターは、大手引越し業者の1つなので、オプションプランなども豊富にあります。
小物の荷造りも、荷解きもスタッフがやってくれるサービスもあります。


ただ、冷蔵庫の引越し準備は、自分でやる必要があるみたいです。
もちろん、冷蔵庫の梱包などはスタッフの方がやってくれます。


冷蔵庫の引越し準備は面倒

引越しの準備は、荷造りなど面倒な事が多いのですが、冷蔵庫の準備も面倒です。

まず、冷蔵庫の中身をそのままにして、運搬する事ができません。
引越しの前日までに冷蔵庫の中身はすべて使用するか処分して中を空にしておく必要があります。


また、水抜きが必要な機種の冷蔵庫は、前日までにコンセントを抜く必要があります。
水抜きをしておかないと、運搬時に冷蔵庫お霜が溶け、冷蔵庫から水が漏れで、大切な家財が濡れる可能性があります。


水抜きをして蒸発皿に溜まったお水は、引越しの当日にスタッフが処理してくれるみたいです。

そして、搬入後もすぐに電源を入れるのではなく、コンプレッサーを落ち着かせるために、5~6時間たってから冷蔵庫の電源を入れた方がいいみたいです。
メーカーによっては、短時間で使用可能な機種もあるみたいなので、取扱い説明書を読んでみましょう


冷蔵庫を処分するには

不要になった冷蔵庫はどう処分すればいいのでしょうか?
2001年以降、家電リサイクル法が定められて、エアコン、テレビ、冷蔵庫、洗濯機などの4品目が指定されました。


指定された家電は、正しい処分方法で処理をしなけばなりません。
正しい冷蔵庫の処分方法を紹介します。


家電リサイクル品はどのように回収されるのか?

家電リサイクル品である冷蔵庫ですが、基本的に販売店が回収します。
家電リサイクル品を購入した販売店で引き取ってもらうのが一番いい方法ですが、近くの他の販売店でも引き取ってもらうことができます。

家電リサイクル品の処分には、リサイクル料金+運搬料金がかかります。
メーカなどによって違いますが、
冷蔵庫の場合は、平均するとおおよそ5,000円台です。


冷蔵庫の処分方法

アート引越センターでは、冷蔵庫のような家電リサイクル品を引き取ってくれるようなサービスはないみたいです。
なので、一般的なリサイクル品の処分方法を紹介します。
あなたの場合、どの方法で処分するのがオトクなのか参考にしてください。


買換え時に古い冷蔵庫を引き取ってもらう

冷蔵庫を買い替える場合であれば、新しい冷蔵庫を購入する販売店に古い冷蔵庫を引き取ってもらう事ができます。
リサイクル料金や収集運搬料は別途必要になるかもしれませんが、新しい冷蔵庫を届けてもらう時に引き取ってもらうことができます。


もしかすると、リサイクルにかかる費用分を新しい冷蔵庫から値引きしてくれるかもしれません。



ただ、引越しをする時は、少し考える必要があります。
引越し先がそんなに遠くない場合には、旧居の冷蔵庫を引取りにきてもらい、新しい冷蔵庫は新居の方に届けてくれるかもしません。


でも、遠い場合には無理でしょう。
その場合は、古い冷蔵庫を処分してから、新居で新し冷蔵庫を購入するか?
それとも、古い冷蔵庫を新居に持っていってから、新しい冷蔵庫を買った方がいいのか?
悩んでしまいますね


もし、冷蔵庫を運んでも引越し費用が変わらないのであれば、新居に運んでから新しいものを買った方がいいでしょう
冷蔵庫を運ぶことによって、引越し費用が6,000円以上、高くなるのであれば、引越し前に処分してしまった方がオトクです。


費用はリサイクル料金+収集運搬料金
メリットとして、新し冷蔵庫を届けるのと合わせて古い冷蔵庫を回収してもらえる

購入店に引き取ってもらう

引越し先が遠く、新居に冷蔵庫を運ぶと6,000円以上、引越し料金が高くなる場合は、引越し前に購入店に引き取ってもらいましょう
また購入した販売店が分からない時は、近くの家電4品目を扱っている量販店などでも受付けてくれます。


収集時にリサイクル料金と運搬料を支払い、家電リサイクル券を受け取ってください。

費用はリサイクル料金+収集運搬料金
メリットとして、リサイクル家電を扱っている販売店ならどこでも利用することができる


指定場所へ持ち込む

事前に郵便局にある家電リサイクル券に必要事項を記入し、窓口でリサイクル料金を払うことで全国にある指定取引場所へ直接冷蔵庫を持ち込むことができます。


直接指定場所に持ち込むので運搬料金はかかりませんが、冷蔵庫を運ぶのはちょっと困難かも
テレビぐらいならいけそうですが…

最寄りの指定場所の確認は、一般財団法人 家電製品協会で確認できます。

http://www.kaiketsukr.com/areasearch/

費用はリサイクル料金
メリットとして、収集運搬料金が不要

家電リサイクル受付センターに申し込む

東京に限定されますが、家電リサイクル受付センターというものがあるようです。
ここも利用することができます。

家電リサイクル受付センターは、リサイクル事業組合が運営する家電リサイクル法対象4品目を回収するサービスです。

家電リサイクル受付センターはこちら
https://kaden23rc.tokyokankyo.or.jp/Rc/Index



回収の流れについて

1.対象品目とメーカー名を確認する
2.家電リサイクル受付センターのホームページで事前申込をする
3.「収集運搬会社」「連絡先」「収集予定日」「料金」などを案内される
4.収集当日に冷蔵庫を玄関先で引き渡す
5.料金を現金で支払い、家電リサイクル券を受け取る



費用はリサイクル料金と取集運搬料金
メリットとして、家電リサイクルセンターは、家電リサイクル券を発行することができるので、郵便局に行かなくていい


リサイクルショップや買取業者

使用感や傷の多い商品は値段が付きませんが、比較的新しい冷蔵庫であれば、リサイクル料金と収集運搬料金をかけずに、さらに買取料金をもらえるケースもあります。


新しいものや、高性能な冷蔵庫は高値で売却できる可能性があるそうです。
買取業者が出張で商品の買取にも対応している場合もあるので、手間をかけることなく商品を売ることができます。



費用は0円
メリットとして、リサイクル料金と収集運搬料金がかからず、買取金額をもらうことができる
出張してもらえば、楽に売却することができる


まとめ

アート引越センターでは、冷蔵庫などの家電リサイクル品を引き取ってくれるようなオプションサービスはないようです。
なので、冷蔵庫を処分する時は、自分で対応することになります。


一般的には、購入した販売店に依頼すれば対応してくれます。
また、その商品を購入していない販売店でもリサイクル家電を販売してくれる店なら対応可能です。


費用として、リサイクル料金と収集運搬料金がかかります。
自分で持ち込んだりすれば、収集運搬料はかかりませんが、冷蔵庫を自力で運ぶのは無理かな?


また、冷蔵庫の引越しは、準備がとても大変です。
中身を空にして、水抜きが必要な場合は、前日にコンセントを抜いて水抜きをする必要がります。
また、搬入先でもすぐに電源を入れないで、5時間ぐらいしてから電源を入れた方がいいようです。