引越し業者と契約した後に、引越しが延期または中止になったり、違う引越し業者に変更したくなったりする場合もあると思います。
こんな場合には、契約した引越し業者をキャンセルする必要があります。


もし、旅行をキャンセルした場合など、キャンセル時期によってはキャンセル料が発生しますが、
引越しの場合はどうなんでしょうか?

今回はアート引越センターのキャンセルについて調べてみました。

アート引越センターでキャンセル料が必要となるケースは?

引越しの契約をした後に、事情により引越しが延期になったり、中止になったりする事があります。
そんな時は、キャンセルをする必要がありますが、アート引越センターではキャンセル料金は絶対にかかってしまうものなのでしょうか?


引越しを依頼する場合には、見積もりをもらってその料金に納得して契約するというのが一般的です。
ただ、見積もりをもらうだけなら、無料なので当然キャンセル扱いになる事はありません。

アート引越センターでキャンセル料金が発生するのは、契約締結後で引越し日の前日からとなります。
なので、引越しの前日と当日にキャンセルをした場合のみ、キャンセル料は発生します。


このキャンセル料金の発生条件は、アート引越センターに関係なく、引越約款に記載されているので、
引越し業者は全てこれに従うことになります。

第二十一条(解約手数料又は延期手数料等)

当店が、解約手数料又は延期手数料を請求する場合は、その解約又は受取日の延期の原因が荷送人の責任によるものであって、解約又は受取日の延期の指図が見積書に記載した受取日の前日又は当日に行われたときに限ります。ただし、第三条第七項の規定による確認を行わなかった場合には、解約手数料又は延期手数料を請求しません。
前項の解約手数料又は延期手数料の額は、次の各号のとおりとします。
(1)見積書に記載した受取日の前日に解約又は受取日の延期の指図をしたとき 見積書に記載した運賃の十パーセント以内
(2)見積書に記載した受取日の当日に解約又は受取日の延期の指図をしたとき 見積書に記載した運賃の二十パーセント以内
解約の原因が荷送人の責任による場合には、解約手数料とは別に、当店が既に実施し、又は着手した附帯サービスに要した費用(見積書に明記したものに限る。)を収受します。
第一項ただし書の規定は、前項の費用の収受について準用します。



また、アート引越センターの場合は、引越しを延期したい場合にも同様に発生します。
引越しの契約をした後でいろいろな変更などありますが、引越し先の入居予定日を間違えてしまっていた場合など、
契約をキャンセルするよりも引越し日を延期するという事の方が多いみたいです。


日程の延期も、引越し日の前日や当日になってしまうと、キャンセル料が発生してしまいます。
なので、日程の延期が分かったらすぐに、引越し業者に連絡を入れた方がいいです。


もしかすると、引越しはするのですから、交渉次第ではキャンセル料をおまけしてくれるかもしれません。
引越し当日だと、難しいかもしれませんが…

アート引越センターのキャンセル料がどれぐらい?

キャンセルをした場合のキャンセル料ですが、契約時に提示されている見積もり額に対して発生します。

引越し日の前日のキャンセルの場合は、見積書に記載された運賃の10%以内。
引越しの当日の場合は、見積書に記載された運賃の20%以内

これはアート引越センターに限らずどこの引越し業者さんも同じです。


ただし、キャンセル料金を請求できるのは、きちんと引越し日の2日前までに引越しの見積書の記載内容に変更がないかを確認をした場合に限ります。


したがって、引越し業者さんがこの確認をしなかった場合は、キャンセル料金を支払う必要はありません。


そのため、引越し日の2日前までに電話があるかどうかしっかりと確認をしておきましょう

では、決められたキャンセル料金しか払う必要がないかとうと、引越しの状況により違てきます。


どんな時かというと、オプションサービスを頼んでいて、そのサービスが既に行われていた場合には、その分の料金を払う必要があります。


例えば、荷造りサービスを利用していたり、エアコンの取外しをしているなど、当日までに行う作業があり、それが実行されていたら、それに対する対価を支払う必要があるという事です。


この点は注意しておく必要があります。



基本的に引越し業者のキャンセル料は、1日前は見積書の運賃の10%以内、当日は20%以内、2日前以上であれば、キャンセル料金はかからないという事を覚えておくといいでしょう

キャンセル後の引越し資材はどうなるの?

アート引越センターは、引越しの時にダンボールなどの資材を無料で提供していたりします。
もし、引越しをキャンセルした場合に、もらったダンボールなどの引越し資材はそうすればいいのでしょうか?

結論からいうと、既に使用してしまったダンボールは買取る必要がありますが、未使用の場合は店舗まで持っていくか、郵送すれば大丈夫です。
キャンセル料金はとられません。


ただし送料は自分で払う必要があります。


キャンセルする時に、資材についてどうすればいいのか聞いておくといいでしょう

☆まとめ

急に引越しが決まる時もありますが、何か月も前から計画することも多いですね


引越し業者と契約をした後に、何らかの理由で引越しをキャンセルする事もあるでしょう


契約後にキャンセルする場合には、なるべく早めに連絡をしおいた方がいいです。
うっかり忘れてしまい、連絡が前日や当日になってしまうとキャンセル料が発生してしまうらです。


キャンセルが決まったらすぐに連絡することが大切です。